新潟中央病院

新潟中央病院

院長・看護部長あいさつ

新潟中央病院 院長 山崎 昭義

新潟中央病院
院長 山崎 昭義

このたび新潟中央病院・看護部のHPをご覧頂きまして誠に有難うございます。

当院は、まさに新潟市の中央に位置し、地理的にも車、バス、電車のアクセスが非常に良い立地にあり、信濃川、松林、そして日本海に沈む夕日などの景観に囲まれています。

整形外科を中心とし、内科、外科、形成外科、リハビリテーション科、歯科口腔外科に常勤医がおります。
また、急性期を過ぎた後でも、回復期リハビリテーション病棟でじっくり機能回復をはかることが出来ます。
当院で研修された多くの整形外科医が、新潟県内のみならず全国各地で活躍されております。
看護部もやりがいを持って積極的に教育や指導に取り組んでおります。

平成25年度から、看護学生の奨学金制度がスタートしますし、秋には院内保育もスタートする予定です。
また、病院の近くには、職員寮(家賃なし)も備わっており、職員の働きやすい環境作りを最優先に考えております。
是非、皆様も私達と一緒に働いてみませんか?

新潟中央病院 看護部長 小池 友子

新潟中央病院
看護部長 小池 友子

当院は、信濃川の河辺で千歳大橋のたもとにあり、病院から見える風景には癒されます。

「思いやりの心を持って、患者中心の看護を実践します」の看護部理念に基づき、看護の安全性を高め心の通う看護を目指しています。

周手術期の看護が中心ですが、急性期から回復期病棟に移動し、安全に安心して自宅で生活できるように援助しています。
回復期病棟からの自宅復帰率は約85%です。

よく聴き、よく見て、感じる心を持ち、信頼される看護師を育てる為、「皆で育てる」を合言葉に教育を行っています。
優しい心、温かい心を持って看護が提供でき、仕事で成長できる笑顔のある職場、ライフスタイルに合わせて働き続けられる職場環境づくりに努めています。

TOP